ホーム > Blog

7月, 2017年

歯周病とはどんな病気なのですか? [2017年07月26日]

こんにちは、恵比寿ガーデンプレイス内にある歯医者、タカラデンタルクリニックです。

「歯周病」という言葉は耳にしたことがあると思いますが、
どんな病気なのかはっきりは分からないという人もいるのではないでしょうか。
歯周病は、虫歯よりも危機感を持つ人が少ないのが現状です。
歯周病は歯を失ってしまう恐れのある恐ろしい病気なのです。
そこで、歯周病とは一体どんなものなのか説明していきます。

歯周病とは

歯周病とは、その名の通り歯の周囲の病気で「歯肉炎」「歯周炎」「歯槽膿漏」などの総称です。
歯肉炎は歯周病の初期段階であり、歯と歯茎の間の歯肉が腫れて赤くなり、
歯ブラシを当てた時に出血がしやすくなります。

正しいブラッシングを行い、お口の中を清潔に保っていれば治ることが多いです。
歯周炎は歯肉炎を放置し、更に進行した状態に起こります。
歯を支えている歯槽骨がどんどん溶けていきます。
歯と歯茎の間が深くなり汚れがたまって更に骨を減らし、
いずれは歯がぐらついたり膿が出たりひどい口臭を発します。
そして最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうのです。
歯槽膿漏は歯周病が進んだ状態の事を言うので、一般的に同じ意味合いで呼ばれます。

歯周病の原因

歯周病の直接的な原因は歯垢(プラーク)の中にある細菌です。
歯と歯茎の間の歯周ポケットに細菌が入り込み、歯周が炎症を起こしてしまうのです。
お口のケアが十分でなかったり、悪影響を及ぼす習慣があったりすると、歯周病へとつながってしまう可能性があります。

歯周病の症状

歯肉が炎症を起こし、腫れや変色、出血などがあります。
ひどい口臭も出てきます。
歯周病による痛みはありませんので、進行しているのに気づかない人も多いのが現状です。
進行していくのに気づかず放置していると、いつの間にか骨が溶け、
やがて支えがなくなった歯はぐらつき抜けてしまうという事になるのです。

歯周病の治療方法

お口の中を清潔に保つことが基本です。
自身で毎日正しい歯磨きをすることが基本ですが、
歯ブラシでは取り切れない汚れや歯石などを歯科医院で取り除く事です。
特殊なクリーニングの機械や器具を使い、歯周ポケットの溝も掃除します。
そうすることで歯茎が引き締まり、初期の歯周病であれば治すことができます。
進行してしまった歯周病はクリーニングに加えて、外科的な処置が必要になるケースがあります。
重度で歯を失ってしまったケースはインプラントや入れ歯を入れることになります。

夏季休業日について [2017年07月18日]

こんにちは、恵比寿ガーデンプレイス内にある歯医者、タカラデンタルクリニックです。
誠に勝手ながら、8/12㈯をお休みとさせて頂きます。
他、日曜日と祝日以外は通常通り診療を行っております。
何卒宜しくお願い申し上げます。