• ホーム
  • ブログ
  • 60代女性「下の奥歯にインプラントを埋入したい。土台となる顎の骨が少ないため、他院で断られてしまった」造骨手術を行いインプラントを行なった症例

60代女性「下の奥歯にインプラントを埋入したい。土台となる顎の骨が少ないため、他院で断られてしまった」造骨手術を行いインプラントを行なった症例

年齢と性別 60代 女性
ご相談内容 「下の奥歯にインプラントを埋入したい」と思っていたそうなのですが、「土台となる顎の骨が少ないため、他院で断られてしまった」とご来院いただきました。
カウンセリング・診断結果 診断したところ、下の2本以外の歯は全て保存不可能だったため抜歯しなければいけませんでした。
抜歯した後、造骨手術を行うとともにインプラントを最適な位置に埋め込むためにかみ合わせを調整。その後、インプラントをはめ込むという治療プランをご提案し、納得されたため治療スタートいたしました。
行ったご提案・
治療内容
当院では患者様ご自身の歯型を用いて、噛み合わせとお口全体のバランスについてご説明を致します。
今回は患者様より根本的なかみ合わせから見直す治療方針をご希望されました。
そのため、取れてしまった詰め物の治療の他に、総合的なかみ合わせ治療を行いました。
治療期間 約2年
おおよその費用 全額約900万円
下顎のみ約500万円
術後の経過・
現在の様子
残存歯の喪失に伴うインプラントの追加しました。定期検診にてメインテナンスを継続しています。
治療のリスク
について
虫歯・歯周病による残存歯の喪失、インプラント周囲炎、セラミック冠の破損などのリスクがあります。

治療前

治療前1

この患者さまのご要望は、下の奥歯にインプラントを埋入したいとのことでした。しかし土台となる顎の骨が少ないので、他院では断られてしまったそうです。

治療中

治療前1

治療前1

残せない歯を抜いて治療義歯を入れました。この段階では下の2本は自分の歯ですが、ほかはすべて保存不可能だったため抜歯。増骨手術を行い、治療用の入れ歯でかみ合わせを調整していきました。

正しい歯の位置を治療用義歯で確認し、インプラントを最適な位置に埋入しました。その後、インプラントの上に仮歯を製作していきます。

治療前1

治療前1

インプラントの仮歯でもう一度かみ合わせを調整・構築。このとき、患者さまに歯並びやかみ合わせ・噛み心地、お顔やお口の形についてもお伺いしました。この方はお口のしわを気にしていたので、あえて少し歯に厚みをつけて、シワが出ないように調整しました。同時に、治療前にあった首・肩こりなどの諸症状の改善も確認しています。

インプラントの仮歯でかみ合わせが正しいことを確認したのち、最終的なセラミックの歯を作っていきます。奥歯、前歯の順で仕上げていきます。

治療後

治療後1

人間本来の自然なかみ合わせが、総合的な治療によって完成しました。このように、当クリニックではいくつもの工程を経て、自然できれいな歯と正しいかみ合わせを構築していきます。