• ホーム
  • ブログ
  • 30代男性「歯並びと噛み合わせを治療したい」ワイヤー装置で歯列弓を拡大した症例

30代男性「歯並びと噛み合わせを治療したい」ワイヤー装置で歯列弓を拡大した症例

年齢と性別 30代男性
ご相談内容 「歯並びが悪いのが気になる、噛み合わせも含めて治療したい」とご来院されました。
カウンセリング・診断結果 咬合力(噛み合わせ)のバランスを確認したところ、左側に噛む力が偏っていることに加え、歯列弓(前歯から奥歯までの歯並び)が狭い状態でした。
ヒアリングの結果、首や肩こりなどに痛みがあることも分かりました。また、小さな虫歯もいくつかありました。
行ったご提案・
治療内容
歯並びの改善、噛み合わせの調整のために、裏側からのワイヤー装置で歯列弓の拡大を行いました。
小さな虫歯の充填(削り取った後に詰め物や被せ物でふたをすること)も行いました。
治療期間 約1年6か月
おおよその費用 約1,200,000円(税別)
術後の経過・
現在の様子
歯並びや噛み合わせにご満足していただいており、首や肩こりなどの痛みも改善したとおっしゃっています。
現在もメンテナンス(定期予防処置)で定期的に通院されています。
治療のリスク
について
リテーナーを怠ると後戻りが起こる可能性があります。

治療前

治療後

治療前は下顎が左に傾いてかんでいたけど、治療後は真ん中でかむようになりました。
治療前、奥歯が低くて下顎が後ろに下がっていたけれど、治療後は奥歯が高くなって噛めるようになったので下顎が前に来ています。

治療前

親知らずが上下左右で生えていたため、上顎の一番奥の歯が外に倒れて下顎の奥歯は全体的に中に倒れていました。また前歯が叢生でした。
※写真撮影時は抜歯済みです。

治療後

歯並びが左右対称的にきれいに並んで、上の奥歯も、外に出ていたのが中に入り、下の奥歯も起き上がってしっかり噛んでいます。ぜつぼう(下のベロがうごく部屋)が広くなり、呼吸などの気道の通りがよくなりました。

その他

かみ合わせを調べるためのフィルムを噛んで、専用のセンサーで読み取ると噛む力や、前後左右のバランスがわかります。

治療前は左に偏っていたかみ合わせのバランスが、治療後は左右均等に噛んでいます。噛むトータルの力も、約400から約600と1.5倍強く噛めるようになっています。