• ホーム
  • ブログ
  • 40代女性「かみ合わせが気になる」矯正と詰め物治療によりかみ合わせを調整した症例

40代女性「かみ合わせが気になる」矯正と詰め物治療によりかみ合わせを調整した症例

年齢と性別 40代女性
ご相談内容 「かみ合わせが気になる、たまに耳が痛くなるため耳鼻科で診てもらったところ、かみ合わせが原因の可能性を指摘された」とご相談いただきました。
カウンセリング・診断結果 診察したところ、上が出っ歯、下が叢生(⻭がでこぼこに生えている状態)でした。また奥歯が舌側に倒れ、下顎が下がっていました。
行ったご提案・
治療内容
歯弓(前歯の先端から奥歯の外側にかけて弓の形を描いている曲線部分)を広げる装置を使い、歯弓がある程度広がったら、表側の矯正装置を使用しました。その後、フィックス(保定のための裏側に付ける装置)を装着しました(3〜5年)。
また、右上下7と6、左上下7にセラミックの詰め物をして高さを調整して、かみ合わせの調整を行いました。
舌側の歯を起こしたことにより下顎が前に出て、きれいなかみ合わせになりました。
治療期間 1年半
おおよその費用 約1,500,000円
(内訳)矯正:1,100,000円、詰め物:約400,000円
術後の経過・
現在の様子
治療後、耳の痛みとともに首こり、肩こりもなくなり、咀嚼筋の負荷も軽くなったとのことです。
現在は定期的にクリーニングとメンテナンスに通っていただいています。
治療のリスク
について
・治療中は発音しにくい場合があります
・矯正中、舌が動かしにくいことがあります
・治療中に装置によってまれに頬の内側が傷つき、口内炎になることがあります
・歯の移動に伴って違和感や痛みを感じる倍があります
・冷たいものを飲んだときに歯がしみる「知覚過敏」の症状が出る場合があります。
・セラミックは壊れることがあります

治療前

治療後

治療前

治療中①

治療中②

治療後